まず招待状の「出席」の文字を丸で囲みます。「御」は受け取った人に対する敬語なので、二本線か斜線で消しましょう。「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も敬語です。消し忘れのないように気をつけましょう。次に「御欠席」を、二本線か斜線で消します。余白にお祝いのメッセージを添えると、より一層お祝いの気持ちと招待に対するお礼の気持ちが伝わります。「御」や「御芳」の文字を消す際に、「寿」の文字を上から書くと、おめでたい場にふさわしくより華やかな印象になります。また、「慶んで(喜んで)」と一言書き添えると、よりスマートになります。さらに、余白にお祝いのメッセージを添えると、より一層お祝いの気持ちと招待に対するお礼の気持ちが伝わります。

出席したいけれどどうしても都合がつかない時には、招待状に返信する前にまずは電話で事前報告をしましょう。結婚式の招待状をいただいたら、できるだけ早く返信することがマナーです。ただし、どうしても都合が悪く欠席する場合は、逆にあまり早く返信してしまうと「最初から出席する気がなかった」と受け止められてしまうこともあるので注意が必要です。欠席しなければならない場合はまず電話で事前報告をし、お祝いの言葉と、出席できないかもしれない、出席できるかどうか調子してみることをを伝えましょう。その後少し間を空けて、あらためて返信はがきを出すと、大変残念に思うけれども出席できない、という気持ちがより伝わります。

また、欠席理由によりメッセージが変わります。やむを得ず結婚式を欠席する場合、仕事の都合などで欠席する場合は、招待状にそれを書いて構いません。ただし、身内の不幸や病気、事故など、暗い内容の場合は、はっきり書かない方が良いでしょう。結婚式はお祝いごとなので、ふたりの幸せに水を差さないのもエチケットです。くれぐれも失礼のないよう気を付けましょう。欠席する場合の書き方についてですが、まず「欠席」の文字を丸で囲みます。「御」は受け取った人に対する敬語なので、二本線か斜線で消しましょう。「御住所」「御芳名」の「御」「御芳」も敬語です。消し忘れのないように注意しましょう。次に「御出席」を、二本線か斜線で消します。余白には、欠席理由を書き添えます。出席したいけれども、やむを得ずという気持ちを、お祝いの言葉とともに書き添えましょう。やむを得ず結婚式を欠席しなければならない場合は、二重線や斜線の変わりに 「寿」の文字を上から書くと、おふたりへのお祝いの気持ちをより表現することができます。なお、欠席理由が身内の不幸など暗い内容の場合は、結婚式というお祝いの場に水を差してしまうため、はっきり書かないのがエチケットです。メッセージを書き添える場合は、くれぐれも失礼のないように気をつけましょう。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required