結婚式の招待状を作成する前にはいろいろと準備するものが必要です。招待状を作るために必要なものを列挙していきます。1.本状を作成するために・挨拶文 招待状の中で最も大切な文章です。差出人や教会式、人前式などによって若干文面が変わりますので分からない人はインターネットなどで調べておくとよいです。インターネット上には参考文例集がたくさんあります。・新郎新婦の名前 新婦は旧姓のままです。・挙式、披露宴の日時・会場の名称、住所、電話番号 最近はカーナビを利用して結婚式に来る人もいますので電話番号は必須です。また駐車場の有無も記載してあるとありがたいでしょう。・結婚式会場の地図   これは別途添付の場合もあります。・出欠提示の締め切り日 式を挙げる人の準備にも関連しますので3ヶ月前には締め切りたいところです。発送してから1ヶ月後ぐらいがよいでしょう。2.返信はがき・返信先の住所、差し出し人名の印刷 返信先は新郎新婦別々でゲストの管理をしたほうがよいのであれば別々の住所でもかまいません。・返信はがき用の切手・出欠の返事記入欄 あらかじめ印刷して丸で囲めるような状況にしておくとよいでしょう。・招待者の住所、名前、電話番号記入欄 もし結婚式の余興で携帯電話の電話番号を利用したプレゼント発表会やメールアドレスを利用した余興をするのであればその旨を記載して記入するとよいでしょう。3、付箋 これは招待状などになにか別途のことを記入するときに利用します。できれば安物の付箋ではなく少し購入菜付箋を用意するとよいでしょう。 主な利用方法は、スピーチや余興などの依頼をするときの追記コメント欄。乾杯や主賓挨拶などの依頼。親族写真などの撮影依頼。挙式撮影案内などに利用します。親族などで挙式直前に行う親族顔合わせに出席してほしいときの依頼などもこれで行います。 4.封筒・裏面に差し出し人の名前、住所 結婚式を行う新郎新婦の名前を書く場合もあれば、新郎新婦の親権者の名前を書く場合もあります。(これは挙式を行うのはあくまで両家の代表者が主催者という位置づけで考える人のため)・ゲストのあて先、住所 専用のソフトを利用して年賀状のように一気に印刷してしまうのが楽ですが、招待状の形式によっては印刷ができず手書きしかない場合もあります。・切手 招待状は大きさや重量が増える可能性があるので必ずしも80円で送れるとは限りませんので発送時には郵便局で確認しましょう。

Comments

コメントを残す

Your email address will not be published. Name and email are required